更新日時:2000.02.22

P501i徹底活用法@超MM版

[はじめに] [超MM情報局][掲示板] [CASSIOPEIA] [リンク集] [連絡先]

 このページはやっと手に入れることのできたドコモ関西のP501iについて、自分が利用していくときに気づいたことを書いているところです。内容はいい加減、不正確、不十分なので覚悟してください(笑)


◇ NM207と比較してみる

 前はごちゃごちゃ書いていたんですが、今読むと嘘臭くて恥ずかしいので消しました(爆)

 要点は、

・P501iのほうが、作りがしっかりしていて電波をよく拾う。
・NM207のほうが、電話帳の機能は使いやすく、音質がいいような気がする。
・両方とも塗装はすぐに剥げる。

 結論が、電話としてならNM207のほうがよかったかも。でもiモードに惚れたからP501iから戻る気はしないって感じです。

 これだけのことを、言いたいためにあれだけの駄文を書くとは。半年前の自分の文章力のなさに辟易とさせられます(汗)


◇ iモード用ページを作ってみたい

 最近、iモードに対応!!と大々的に広告しているページを見かけますが、実際はそんなに大層なものではありません。
 iモードで利用されているc-htmlという言語は、普通のhtmlからiモード使うのに必要ないタグを削ったものです。つまりiモードのページを作るのは、普通のページを作るよりも簡単だったりします(笑) レベル的には、3、4年前の頃に使われていたhtmlとほぼ同じです。
 htmlなんて分らないという人もいると思いますが、iモード用のページを作ることは、htmlの基本を勉強することになり、入門という意味で、ちょうどよいと思います。

 余談ですが、ホームページを作るのには、数万円するようなソフトがいると考えている人も多いようですが、個人ページを作る程度なら、そんなもんは必要ないです。
 実際に私のページは、すべて秀丸というエディターで書かれています。エディターというと、難しそうに聞こえるかも知れませんが、分かりやすくいうと、OSに最初からついてくるメモ帳でも、十分にホームページを作ることができるということです。


○サンプル
<html> ←ここからhtmlです

<head> ←このhtmlの説明です
<title>ほえほえ</title> ←ページのタイトルです
</head> ←headはここで終わりです

<body> ←ここからhtmlの本体です

<center>文章</center> ←文章をセンター寄せします
<HR> ←横線をひきます
<BR> ←改行します
文章 ←適当に文章を書こう!!

<BR> ←txtファイル上の改行は反映されないので
 改行をいれたいところ書きます
 文章の折り返しは自動で行われます

</body> ←htmlの本体はここで終わりです
</html> ←html終わり


 あとは拡張子をhtmlにして保存して、ネットにupしたら完了です。もっと詳しいことが知りたければネットを検索してみてください。もっと詳しく分かりやすく説明してるページが山ほど出てくるはずです。公式ページとしてはドコモにiモード対応htmlタグ画面イメージ対応表があります。

iモードブラウザ画面領域
iモード端末 大きさ
(横全角文字数×縦行数)
表示文字数
(全角)
液晶画面領域
(横×縦)
D502i 8×7 56 96×120 カラー256色
F502i 8×6 48 96×108 カラー256色
N501i 10×10 100 160×120 白黒2階調
D501i 8×6 48 96×108 白黒2階調
F501i 8×6 48 113×112 白黒2階調
P501i 8×10 80 100×150 白黒2階調


◇ パソコン利用でも便利なiモード対応掲示板を作ってみたい

 Webの裏技にあるシンプルメモを改造して、iモード対応掲示板を作ってみました。

 ログを共有することで、パソコンとiモードで利用するときのデザインを分けました。
 パソコンから使うときは、使い勝手重視の基本デザインを利用して、iモードから使うときは、最低限のデータ量で読み書きでききるように、送信部分と表示部分を分け、デザインをシンプルにしました。

 さらにWebの裏技のMiniBBSの中にあるメール配信機能を移植しました。これで書き込みがあると同時に、iモード端末にメールが配信されます。

 たぶん程々に知識のある人であれば、この程度の改造なら簡単にできるはずなので、ソースは公開しません。どうしても改造法が知りたい人は、個別にメールで相談に応じます。

 ちなみに、なぜMiniBBSを採用せず、シンプルメモを選んだかというと、MiniBBSはiモードで、気軽に利用するには重装備だと思ったからです。

○ サンプル[公開停止中]
パソコン利用(基本)
iモード利用(内容表示)
iモード利用(書き込み)

* 改行を有効にする方法もありますが、手軽さという点で利用していません。またJ-PhoneのJ-Sky Webに対応しています。問題なく読み書きできるとのことです。


◇ 着メロ

 やり始めて3分、頓挫しました(笑) なんか面倒くさいですな(^^;; ネット上にはたくさんの着メロが公開されていますので、そちらをご利用ください(笑) 
 とりあえず、ドコモ東海にいってみるといいと思います。月に1回以上、最新JPOPが追加されているようです。
 やっぱりiモード端末なんだからネット上から取り込めるようにしておいてくれたら入力の手間が省けてよかったのにな。そのへんはJ-Phoneをちゃんと見習って欲しかった。(502iシリーズで実現しました)



◇ スクリーン画像

 iモードでは待受け画像を、自分用にカスタマイズできます。

 やり方は簡単で、モノクロのGIF形式で保存した画像を、ネットにアップロードしておき、iモード端末でアクセスします。画像が表示されたら、機能-画面メモ-新規登録と選んでやります。
 次に画面メモから取り込んだ画像を表示させ、機能-スクリーン設定と選んでやります。
 あとは中央表示にするか、全画面表示にするを選びます。全画面表示とはタイル状に画像ファイルを並べるという意味です。
 最後にメニューの中の初期設定-スクリーン設定(821)で待受画面選択をONにして、ユーザ指定を選べば終わりです。これで待受け画面が自分の取り込んだ画像になっているはずです。

 携帯電話で自分のオリジナリティーを出したい!と考えている人は、某有料サービスなど使わずに、自分でつくってみる、もしくは個人iモードページを探してみてはいかがでしょうか?


○ サンプル
スクリーン画像
ダサダザ、ギャ〜(笑)


◇ 最後に

 この文章を読んでもらえたら分かると思いますが、結構ずぼらな性格をしています。この文章もノリだけで書いているので、ここに書かれている内容については一切の保証はいたしかねます。自分の判断で利用してね。



[戻る]